VとBの発音の違いと難関のTHサウンド

Vsound、Bsound、THsoundの違い

英語には日本語発音には使用しない音があります。

 

ネイテイブ相手にも、すぐに通じるようなキレイな発音を習得する為には、いくつか超えないといけない難関の壁が英語発音には存在しますので、それをいくつか紹介します。

 

v sound

日本語発音にはないvを発音する時の音は、前歯が舌唇を噛むように軽く添えて「ヴ」と発してみてください。

 

今は本で書かれているvのカタカナ表記の発音に、「v」を「ブ」と書く本も少なくなってきているのは良いことです。

 

皆さんがよく知っているAlphabet SongのなかのVは、「ブイ」と読まずに「ヴィー」の音を出すのが正解です。

 

vとb soundの類似

vは前者で説明したように発しますが、間違えやすい似た発音がご存知のとおりbです。

 

bを発音する時はまず始めに、一枚の紙切れを用意します。
そして、bを発音する時は唇をすぼめて「ブッ」と発してください。

 

その時に、紙切れが発した時に揺れれば成功です。
音的には息が爆発したように出る破裂音と言います。

 

th sound

th を発音する時はs(ス)と間違えないように注意してください。

 

英語の発音

 

まず手鏡を持ちながら、舌を噛んでそのまま息を吐きます。
そのようにして出る音はスーと自転車のタイヤに穴が開いて、空気が漏れているような音がします。

 

あくまでもスーって音はしても発音的には「ス」ではなく、息が漏れるような音なので注意してください。

 

よくTVのコマーシャルでやっていますがthとsの音を間違えただけで、意味が全く違くなってしまう恐れがあります。

 

例えば、bath。
thを「ス」という発音で言った場合に相手に聞こえる音はbathではなくて、busになってお風呂から乗り物のバスになってしまいます。

 

th とs sound の違い

発音を間違えると言葉自体の意味も綴りも違ってしまうことになると注意しましたが、もう一つ意味が違ってしまう例をあげます。

 

まずsを発音する場合は唇を前にすぼめてた状態で「スゥー」と発します。
スゥーの息が抜ける音はsを発した時の方がthの時よりも強く聞こえます。

 

ここで、あるある間違い例です。
ある人が自分の考えを相手に伝えるのに「私は〜と思う」のthinkを使いました。

 

しかし、その人はきちんとth soundの音を習得していなかったために、本人はI thinkと発音しているつもりが、相手にはth soundではなく「シィンク」のsinkと聞こえてしまっていました。

 

結局I sink=私は沈むという意味だと思われて、相手の方は???だったらしいです。

 

日本人英語に慣れていないネイテイブは「それくらいわかるだろう?」ということも分かってくれないことが多々あります。

スポンサード リンク