LとRの発音について

Rsound、Lsound、Wsound、Cat soundの違い

英語には、日本語で使用しない音を出すために、巧みに口の中を柔軟にストレッチしながら発音しなければいけない音があります。

 

「r」もその一つです。
rはカタカナ表記で表すと「アール」と書いて表現したいところですが、そう単純な音の出し方ではないのです。

 

rを出す時にまず単語のairの発音練習からしてみましょう。
まずairは「エァ」の「ァ」の部分は、犬がよく「ウッー」と相手を威嚇するときにうなるような、口の中で音がこもるような音を想像しながら真似て発します。

 

手鏡をもち、舌が「ラ」行の「レ」を発するときの位置を確認し、「レ」を舌が巻いた状態で犬が威嚇するように、こもった発音で発してみるとrの音がでてきます。

 

air「エァ」ではこもった音を意識しながら「エ」を小さく、「アー」の音をこもるように発するとrの音がでてきます。

 

アールの発音

 

もう少し想像しやすく分かりやすい表現では、言葉が悪いですが、怒りの際に発する言葉で「オラ〜!!」って言うときの「ラ」です。

 

怒り度合いがピークの時に発する「ラ」は、はっきり「ラ」と発音していなくて、こもったようになりますよね。
その時の「ラ」がr soundです。

 

言葉ではこのr soundは表しにくい音なので、これはひたすらCD・テープで、「r」が入った単語を繰り返し聞いては、真似て発音練習してください。

 

きっと一生懸命努力した人は、今まで日本語で使ったことのない耳下の骨格の両あごが筋肉痛のようになります。

 

しかしそれを乗り越えれば自然にきれいなr soundが、口から苦にせず出てきますので頑張ってください。

 

発音L sound

L「エル」の時の「ル」は、rとは全く違ってこもりません。
まず口を前へすぼめて舌が上の歯の裏がわにつくように「ル」と発してください。

 

そうするとはっきり「ル」と聞こえます。

 

発音W sound

Wを発音する時もLの時のように口を前へすぼめてから、そのまま「ウゥー」と発してください。

 

発音Cat sound

カタカナ表記では「キャット」と書いてある本もありますが、これもそう簡単にはそのまま読みしても綺麗な発音では出せない音の一つです。

 

まず手鏡を持ち口が左右横に広がった感じのまま「キャッ=kyatt」を徐々に10回連続で言ってみると、aがただの「ア」じゃなくなる音にきづきますか?

 

なんだか喉になにか詰まった時にでた「ア」のような音になります。
その独特のa soundを持つ単語で、皆さんがよく知っているのは「apple,bat,cat,hat,cap」などです。

 

このa soundが入った単語の文章がdialogueにあった場合も、いつも以上にお手本に真似て発音練習してください。

スポンサード リンク