soundをマスターしよう

「sound」の使い方

  1. I've got to go.(ア'イヴ ガッ'トゥ ゴ'ウ(gou))=行かなくちゃ
  2. What am I going to do?(ウァ'ラムア'イ ゴ'ーウィング トゥ(tu) ド'ゥ(du)?)=どうしよう?
  3. So much has happened.(ソ'ー マッチ ハズ(haz) ハ'プンドゥ(hapund))=色んなことがあって。
  4. I turned it down.(ア'イ トゥ'rンニットゥ(turnit)ダ'ウン)=それを断ったよ。
  5. You don't sound too happy.(ユ'ー ド'ントゥ(dont)サ'ウンドゥ(saund)ト'ゥーハッ'ピィ)=あまり嬉しそうじゃないね。

 

happyのheは、heとhaの中間の音です。
口を大きめに開けた状態で、ea,ea,eaエア、エアエアエア・・と何度も早口でいっていくと、たどり着くのがアッというエとアの中間の音になります。
その音でハッと発音してみよう!

 

〜そうじゃないね

 

英語⇒日本語で言ってください

  1. So much has happened.
  2. I've got to go.
  3. You don't sound too happy.
  4. What am I going to do?
  5. I've got to go.

 

日本語⇒英語で言ってください

  1. どうしよう?
  2. 行かなくちゃ
  3. それを断ったよ。
  4. あまり嬉しそうじゃないね。
  5. 色んなことがあって。

 

どうでしたか?フレーズを覚えるのは大事ですが、間違ってる発音や、カタカナ棒読み発音などで暗記してしまったらもったいないです。

 

せっかくなら、綺麗な通じる発音を目指しましょう。

 

ローマ字表記でも発音方法書いてあります。
それでも音を聞きながらやってみるほうが、自然に正しい発音に近づいていきます。

 

なのでTVやラジオ・テープ・ネットでの音声教材で、音を耳に鳴らしておくことをお勧めします。

スポンサード リンク