発音も難しいbath

お風呂の入り方を英語で説明

B:I'm very glad you showed me how to use the bath.(アイm v'ery グl'aジュー ショ'ウd ミ'ィ ハ'ウtu ユ'ーz the バ'th)=お風呂の入り方を教えてくれたので本当によかったです。

 

A:What do you mean? Isn't it the same as ours?(ウ'ァッ ドゥユー ミ'ーン? イ'zin ni't the セ'ィm アz ア'ウrz?)=どう言う意味?私達のやり方と同じじゃないの?

 

B:No,it's totally different.(ノー、イ'ッツ トウ'rali デ'ィフェrent)=いいえ、全く違うよ。

 

A:What's the difference?(ウァ'ッツ the ディ'farenス?)=どう違うの?

 

B:You must wash yourself outside the bathtub first.(ユーマ'スt ウァ'ッシュ' ユrセ'lf ア'ウtサ'イd the バ'th タ'ブ フ'rst)=まず、浴槽にの外で全身を洗わないといけない。

 

A:Oh,I see.(オ'ゥ、ア'イ ス'ィー)=ああ、分かった。

 

B:Also ,the bath and toilet are in separate rooms.(オ'-lso, the バ'th ァンd ト'イレッ are イン セ'パレィt ル'ームz)=それに、トイレとお風呂が別々な部屋にあるしね。

 

B:That's much different than my house in the U.S where the toilet and bath are in the same room.(tha'ッツ マッチ デ'ィfarent than マイ ハ'ウs イン the(ズィ)ユ'ーエ'ス ウェr the ト'イレッ  ァンd バ'th ァr イン the セ'イム r'u-m.)=それは、アメリカの私の家とはだいぶ違うなあ。私の家は、トイレとお風呂が同じ部屋にあります。

 

お風呂の入り方

 

解説

I'm very glad.で「嬉しい、よかった」の意味です。
gladの後にglad to hear that.を付けると、「それを聞けて嬉しいよ。よかったよ」という表現になります。

 

bathのbaはただのバではなく、beaを徐々に早く繰り返しスピード上げて発していくと、一つのba音ができあがります。

 

それは子供の相手に「ンッ、バッァー!」と顔を隠して、 驚かすときに発するバッァー!の音に近いです。

 

What do you mean?はとても活用できる表現なのでそのまま覚えましょう!

 

Isn't it the same as-?=〜と同じじゃないの?=同じでしょ?という表現です。
同じな場合はYes,it is.
同じじゃない場合はNo,it's not./No,it isn't.

 

totally は「全く、すべて、すっかり」の意味で、I'm totally lost myself.=完全に自分を見失っている。などにも使えます。

 

What's the difference?も丸ごと覚えておくと便利です。

 

must=need「〜する必要がある、=〜しなければいけない。」という意味になる。

 

mustにbeをつけmust be〜は「〜にちがいない」You must be hungry.=おなかすいたでしょう。のように言えます。

 

I seeは、とてもよく使う表現で簡単ですので覚えましょう!

 

A and B are in separate rooms.=AとBは別々の部屋にある。という表現です。

 

That's much different than(from)〜.=〜よりだいぶ違う。
という決り文句なのでそのまま覚えましょう。

 

the U.Sのtheは普通の「ダ=the」のような発音ではなく、母音で始まる語の前のtheは「ディ」のような発音になります。

 

どちらもthなので舌を噛むように発音するのに注意です。
では、Let's try for the next review!

スポンサード リンク