地震の時に役立つフレーズ

地震が続く怖さを英会話で!

今回は前回の地震英会話の続編です。
実際自分がearthquakeが起きた時の気持ちになりながらskitを音読してください。
そしてrole playもしてみてください。

 

長引く地震時に英語で話す

 

A:I hope that was the last tremor.(アイ ホ'ゥプ that ウァz the ラ'(la)st トゥr'emer)=これが最後の揺れだといいね。

 

B:Do you think it's safe to get up?(ドゥユ th'ink イッツ セィ'f tu ゲラ'ップ(gelap)?)=立ち上がっても安全だと思う?

 

A:We'd better wait and make sure there isn't an after shock.(ウィd ベ'ラー(berer)ウェ'イt エンd メイk シュ'r there イ'ズンt ァン ナ'futer ショ'ック)=待って、余震がないのを確かめた方がいいよ。

 

B:Let's get up now. I think it's finished.(レ'(le)ッツ ゲラ'ップ(gelap) ナ'ウ, ア'イ th'ink イッツ フィ'(fi)ニッシュt)=じゃあ、立とう、終ったと思うよ

 

A:That was scary,wasn't it?(th'at ウァz スケ'r ri, ウァ'zinit?)=怖かったねえ。

 

B:I hope this doesn't trigger any tidal waves.(アイ ホ'ゥp this ダ'zun't トゥ'riger エ'ニィ タ'イダl ウェ'イvz)=津波を引き起こさないといいんだけど。。

 

解説

I hope that was the last tremor.は、読むときにI hopeで区切り、後をイントネイションの強弱で一気に読みましょう。

 

Do you think it's safe to get up?は、一気に読めるといいですが、始めはDo you think it's safe toまで一気に読み、get up?を付け加えながら練習してみましょう。

 

We'dのdはhave better〜=〜したほうがいいという意味です。

 

make sureは確かめるの他に、Be sure to bring your homework.-=宿題を持ってくるように!という意味で「〜するように!」というときに使えます。

 

I think it's finished.のitはearthquakeを指している。

 

That was scary,wasn't it?の語尾の〜wasn't it?はisn't it?の過去形で「〜だったね」と相手の同意を求めている時に使えます。

 

今回も余震・津波など地震関連を英語でどういえばいいのかを学習できたと思います。

 

皆さん、自分が役者のように演技できたでしょうか?

 

日頃から感情を込めて、そのskitの内容を頭で描いてから音読していくよう練習してみてください。

 

あと、難しい発音もあるので、手鏡を横において、実際口の動きをチェックしましょう。

 

インターネットでネイテイブの発音をしっかり聞いてマネをしましょう。

 

それがたとえ大げさな音で、今まで発音したこと無いものでも自分がnativeになりきった感じでマネてみてください。

スポンサード リンク