テイク・ザット

Take Thatファンの悩める友人

host motherの弟はgayです。

 

gayだと知る前から、なんだか女性らしいgay特有なしぐさが目についていたんですが、なんとも突っ込めませんでした。

 

host motherがHe's gay.と聞いてやっぱりと思いました。

 

もうひとりのJapanese friend

これまでの親友とはまた違うTake That(English pop singer group)のfanのJapanese girlがいるのですが、私がイギリスへ行くと言ったら「私も後で追いかける」と言って、三ヵ月後ぐらいに来た子がいます。

 

その子が住んでいるroom mateとトラブルでになったので、また私がhost parentsに話して、家族の一員にしてもらいました。

 

それから、私達は、
host mother's younger gay brother and his gay boyfriend's house
に遊びにいくことになったのです。
みんなで車で数時間かけて行って来ました。

 

そこはまた、色々な意味で別世界の光景。
牧場が見えたり、海も見えたり。

 

彼らが住んでいる家は大きな三階建て。
まるで洋画に出てくるような雰囲気ある家で、そこでは家がこまごまとしていなく、本当にすがすがしい光景でした。
もう冬なのでコンロもありましたね。

 

彼らの手には愛の証の a pair ringを同じ指にしていました。
でも、はた目にはどちらが男役で女役なんだか分かりません。

 

ホストペアレンツの親戚にgayがいるとはちょっと驚きでしたが、とてもいい人たちで、dinnerは二人が作ってくれた愛のSpaghetti with meat sauceで美味しかったです。

 

Take That

二人目の親友は、Take Thatが好きなJapanese girlで、私達の数ヶ月遅れでイギリスへきました。

 

彼女と私は日本にいた時に、Take Thatの来日の際に、彼らが泊まっているホテルで知り合った仲です。

 

というのも、ホテルでfan serviceがあったのでした。

 

私は高校時代の友人達と一緒にいたのですが、彼女は一人で仙台から来ていたのでした。
そこで並んでいる時に、彼女と知り合ってからの友達です。

 

彼女は、その時もTake Thatのファンを続けていて、イギリスに行けば、本人達に会えるんじゃないかと思いやってきたんです。

 

彼女も初めての留学でしたが、彼女の場合は家がrichだったので二年ほど滞在する予定でした。
それも親からの仕送りでLondonにあるLondon Bridgeが見えるflat=マンションにJapanese room mateと住んでいたんです。

 

彼女はあまり英語ができなかったので、どうやって不動産屋さんと契約できたのかな?っておもっていたら、契約は彼女のルームメイトがしたものでした。

 

しかし、それが落とし穴で、結局、悩みを抱えることになりました。

 

友人は、日本人向けのfree magazineのwanted ads=急募の欄で、最初、そのflatの情報を得ました。

 

Looking for a nice Japanese room mate.と書いてあり、月々のmonthly room chargeなども書いてあり、良い条件だったそうです。

 

彼女にとっては初めての留学だし、英語もあまり話せなかったし、なにせ場所がLondon Bridgeが見える高級なとこなんですから、親の仕送りもあるしcan't miss it=見逃せない話だったわけです。

 

ですが、やはり共同生活で上手くいかなかったみたいです。

 

私はその話を聞くと、一緒に行った友達の時と同じように、host parentsに相談しました。

 

いつもの食事の団欒時に新たなる悩みを抱えた友達がいることを伝えると、ホストペアレンツは、すぐさままた、Bring her here next time.と言ってくれました。

 

まるでhost family宅は悩める子羊相談所のようでした。

スポンサード リンク