イギリスの恋愛事情

ホストブラザーの失恋

現地の家族とhome stayしていて英語は使うけれど、イギリスにせっかく半年滞在しているので、友人と毎日会う間でも、もったいないから英語で会話してもっと上達させよう!と決めました。

 

レベル的にはnativeの会話にはおいつけなかったですが、そのかいあって、私達は帰る頃には数倍のspeaking skillを得ることができました。

 

家族の団欒

私のhost familyは結論的に大変いい人達で、大当たり〜!
あの行く前にもらった事前情報で感じたような固さは、まったくありませんでした。

 

一つ年下のhost brotherは私の学校での英語のhome workを手伝ってくれたり、反対に日本語での彼の名前の書き方を教えてあげたりと仲良くしてました。

 

だけど、三人ともみんなsmoking cigaretteする団欒には、さすがにnon smokerの私は入れませんでしたが…

 

まず家族のいいところは、いくら私にown roomがあっても、すぐには行かせないところでした。

 

食事時にはなるべくhost parentsと私は一緒に食べて、一日あった事を話させるように質問してきてくれました。

 

私も子供みたいに、毎日のように全ての出来事を話してたのでhost parentsはよく私のことを分かってくれました。

 

その点も英語上達へのカギでした。

 

Host Brother's girl friend

彼には4年も付き合ってる彼女がいました。

 

けれどもhost parentsは家に彼女が来て会話しても、私的にはなんだか、嬉しそうでない感じがしました。

 

聞いてみると彼女は一度、彼を振っててまた復縁したということらしいのです。複雑〜

 

host parentsとしては自分のかわいい大事な息子をもてあそんだのか!
というような感覚で、性格も気に入らないとのことでした。

 

ですが、息子の方がが彼女のことを大好きなので半ば諦めているようでした。

 

私が驚いたのは、あっち(イギリス)の方っていうのは、自分の家じゃなくても勝手に棚を開けたり、making teaしたりすることです。

 

日本の習慣では見られない光景でした。

 

host brotherの親友が来た時も、その彼が自分の家のように自由にやっていました。
実際に住んでいる私より、どこどこに何があるとか知ってるって言ってました。

 

host parentsも、彼のことをよく知ってて泊まりに来たりしているので、気にしていないようでした。

 

host brother's girl friendの二股

私が4ヶ月滞在してあと二ヶ月で帰国というときに、host brotherが凄く落ち込んでる時期が訪れました。

 

どうしたんだろう?
と、本人にもなんだか聞けなかったので、host parentsに聞いてみると、例の彼女が違う男性と付き合って二股をかけていたことが分かったようなのです。

 

その人の子供を妊娠したとかで、大ショックなhost brother。

 

それからというもの、行動が多少荒れたような感じになってしまいました。

 

host parentsが旅行中も、家に女友達と男友達連れてpartyをして、いかにも彼女の再度の裏切り的行為を忘れたいという気持ちが伝わるような飲み方をしていました。

 

誰でもいいから抱きたいような感じになり、私にまで一緒に寝ようって言うまでになりました。

 

ですが、親の信用を裏切れないからってことで正気に戻るなど、そらくらい情緒不安定的に荒れてました。

 

しかし、女友達の中に、彼女がいる時から、彼のことをずっと好きだったという片思いの子がいたんです。

スポンサード リンク