日本と違う軽い朝食

ホストファミリーでの朝食

家からは徒歩10分以内に、次の日から通う語学学校がありました。

 

そこまでの行き方をhost motherに教えてもらっていると、周辺だけで7つのEnglsih Pubがありました。
さすが本場!
と思いながら日本では味わえない雰囲気を味わえて、とってもワクワクしていました。

 

翌朝の朝食

私が日本にいた時の朝食は、大体が卵ご飯や納豆などのご飯派でした。

 

ですが、イギリスでは、
cereal=s'irial=コーンフレーク orトースト

 

食べれない人は、only a cup of tea or coffeeで出勤します。

 

うちのhost familyは三人とも働いていましたが、host fatherだけは出勤時間や出勤日がirregular=不規則だったので、私が帰宅したときにいることもありました。

 

私も一緒にcerealもtoastを食べましたが、ご飯のように満腹感がどうも足りませんでした。
cerealだったらどこまで食べれば気が済むのか!
というくらいに、たくさん食べれてしまいそうなくらい物足りない朝食でした。

 

毎朝host motherが、sandwichesとcrisps(イギリスではポテトチップスのparty packの中に5つほど小さなcrisp bagsが入っている)、それとパックのジュース(appleやbananaなど)を一式そろえてくれました。

 

初登校日

朝食が済み、See you レイターと発音に気をつけながら家を出て、初登校に出た私。

 

学校で親友の姿を見て、お互いすぐ話した会話はhost familyがどんな感じだったかでした。

 

彼女宅では着いた日にはWelcome Partyのように歓迎してくれ、彼女の他にもドイツ人の生徒がhome stayしていて、私がいる家より大きい家のようでした。

 

その時点ではお互いのhost familyが本当にいいのか、悪いのかは、たった一日の滞在だったので分かりませんでした。

 

それよりも、まずは初日のクラス分けのテストを受けることに緊張していました。

 

私達は初めの4ヶ月ほどは違うクラスだったのですが、毎日会って話せる存在だったので、それはお互い助け合い、励ましあうことができた利点でした。

スポンサード リンク