イギリスでの最後の食事

留学中の最後の晩餐

last dinnerは家ではなく、当時openしたばかりのHungry Horseというrestaurantで食べました。

 

host parentsが私と友人も含め連れて行ってくれました。
host brotherは以前にも話しましたが、Australiaへ先に行ってしまいましたので参加できず。

 

Hungry Horseというrestrantの名前のように、大食いが食べれそうなボリュームのあるサイズのお店でした。

 

The dish what I ordered was my favorite Fish and Chips.でも、大きくて長いFried Fishが完食できないくらいビッグでした。

 

最後にはdessertをみんなでshareしてfullで満腹でした。

 

そして、host parentsから、私と親友へのpresentがありました。

 

それは二人仲良しのTeddy Bearが、隣に片寄せあって座って手をつないでる置物でした。

 

When I saw them ,just reminds me of you both!
That's why I wanted to buy them for you.
と言ってくれました。

 

そういえば私達は、日本にいたときより毎日会っていて、行動もいつも一緒でした。
仲良しだからこそ半年間、色んな事があっても励ましあうことができました。

 

そしてなにより最高のhost familyだったことに感謝し、私達の悔い無き半年間の留学を無事終えることが出来たのです。

 

帰国前日

帰国前日、一緒に帰る親友のhost parentsに連絡し、うちに泊まることになりました。
明日host parentsが、私と親友を一緒に空港まで送ってくれます。

 

もう一人のLondonに住んでいた友人も見送りたいとのことで、三人で一階の暖炉がある部屋で最後の夜を過ごしました。

 

air bedならみんなで寝れるということで空気を入れて、blanketを二階から持ってきて、今まで半年間あった出来事を振り返りながら、会話に花を咲かせました。

 

楽しすぎて、あまり眠れなかったです。

 

Flight Attendant

帰国ちょっと前にhost fatherが、Why don't you try this chance?と言いました。

 

その意味は、パパが勤務しているBritish Airwaysで、その時HeathrowとNaritaを往復する便で、flight attendant募集の知らせを聞いたみたいだからです。

 

Come over here!と私を柱の近くに呼び、急に背を測りだし、うん、160cmはあるな。ってうなづいて、英語も日本語も話せるんだから有利だよ!って言ってくれました。

 

私もその気だったんですが、もうすぐ帰国しないといけないので、もちろん受けられるわけがありません。

 

結局その一瞬だけflight attendantになれるかも!なんて二人で思ってしまいました。

 

イギリスは日本と比べてもflight attendantになれる確率が、数倍も高いので、もしそういう機会があれば皆さんchanceかもしれませんね。

 

日本は倍率が高くて凄く大変だとおもいます。
女性の憧れの職業の一つですからね。

スポンサード リンク