イギリスのテレビ番組事情

私が好きだった海外のテレビ番組

私が当時いたときに見ていたmy favorite TV programは二つありました。

 

一つはアメリカでblock busterになった超話題作のX-Fileシリーズ。
イギリスでもon airされていて、host fatherがサイエンス番組が好きということもあり、自分も一緒に見ていました。

 

英語の学習にもなりました。

 

イギリスに数ヶ月いると、耳はすっかりイギリス英語accentに聞きなれていたので、American Englishの発音は久しぶりでした。

 

親友と二人で「やっぱりアメリカンアクセントかっこいいよね〜。」と言いながら毎週見ていました。

 

Blind Dateの全貌

My another favorite TV program was called Blind Date.
と呼ばれる番組です。

 

blind自体は盲目・目が見えないなどの意味で、dateは日本語でも使うデートです。

 

今あなたの頭の中でどんな番組を想像しているでしょうか?

 

これがまた見始めたら、特に女性達はハマッってしまう興味深い内容の番組なんです。

 

独身女性1名と、選ばれた3名の独身男性相手が、観客が入っているstudioに登場します。

 

まずは、お馴染みの名hostの女性が登場し、小話をし、そして女性の自己紹介とentryした理由など聞きます。

 

次に、さあ、男性陣の登場です!

 

なのですが、ここで女性は出てくる男性陣の顔を見ることができないのです。

 

仕切りがされていて、ただ声のみが聞こえるという設定です。
hostが一人ずつ紹介し、理由などを聞いてからblind dateがstart!

 

男女が顔は見えないまま、女性が
Where are you going to take me for the first date?
など質問します。

 

男性も、
If you pick me tonight(もし選んでくれたら。。)
のように回答し始めます。

 

質問はたったの数問で、相手の回答と自分の直感だけを頼りに、デート相手を決めなくてはならないのです。

 

そこで選んだ相手とやっとご対面〜!

 

お互いその時にはじめて顔を知るので、両方とも喜ぶか、他方が喜ぶかはそのカップル次第なんです。

 

それからいきなりの初デートで、海外へ二人行ってもらうんです。

 

この番組のもう一つの目玉が、その二人のデートの模様を次回on airするところ。

 

お互い知らないところで、カメラの前で相手の印象などをそれぞれ語るのですが、これが面白い。

 

ある人は嫌だったとか、好みじゃなかったとか。

 

ここでも両方とも良いこと言ったり、他方だけが良いこといったりと、本音トークが聞けるのです。

 

そこで本当に気に入って結婚まで至ったケースが1、2度あったと聞きます。

 

私が日本に帰国してから、その番組は終ってしまったという情報を聞いて大変ショックでしたが、netで調べると新たなhostで復活しているみたいですね。

 

ぜひ日本でもそういう番組あったら楽しいと思います。

 

選ぶ相手を、声と回答と自分の直感と数問の質問だけで決めなければならないので、ある意味gambleですね。

スポンサード リンク