テスコでアフタヌーンティー

念願のAfternoon tea

前回話した格安super marketのTESCOでは、200円程度でafternoon teaを味わえるcafeのような場所が中にありました。

 

今やっているかは分かりませんが、私達が行った時には、毎週のように親友と優雅な気持ちで浸ってました。

 

三段スイーツとかではなく、一つの大きめのスコーンが袋に入っているだけでした。

 

ですが、携帯用のダブルクリームとジャムをスコーンにつけたら絶妙な味のharmonyでしたよ。

 

tea bagが一つと、一人に一つ小さなtea pot付きで200円です。
イギリスは日本と同じ物価が高いなあとおもっていたので、その感覚からすると、破格なAfternoon Tea Setで大喜びでした。

 

宝くじ

イギリスでもあるんですね宝くじ。

 

ただ私が知らなかっただけですが、日本のようなNumber Lottery=ナンバーズやロト6が日本円で200円で買えたので、一度tryしました。

 

ちょうどhost parentsも定期的にやってるとのことで、発表の日に一緒にTVで確認していると、host motherが日本円で一万円を当てて喜んでました。

 

賢い貯金

家の玄関の奥には、host parentsが小銭を集めている細長い容器があります。

 

host parentsは日本人を信じているので私に見せてくれましたが、他の人種だと警戒して見せなかったでしょう。

 

host parentsもお金に困ってるわけではなかったので、貯金がたくさん溜まった時に、旅行などで使う予定みたいでした。

 

そういえば、私の友人も貯金に励んでいました。

 

あとでお話しますが、私と親友は日本語レッスンの家庭教師をしてました。
私が教師で、友人がassistant。

 

毎週7poundsを分ける時、彼女がアシスタントだったので2poundsでいいよとのことでした。

 

彼女は飲んだcokeのpet bottleを綺麗に洗って、カッターでコインを入れられるほどの入り口を作りました。

 

穴が大きめだとそこから取り出せてしまうので、one poundのコインサイズを忠実に計ってまで入り口を作るぐらい貯金に励んでいたのです。

 

host fatherの会社特権

航空会社勤務ということで、年に一度好きなところへの往復air fareがfree!チケット代が無料で貰えるという特権を持っていました。

 

私が滞在してる最中にも一度二週間夫婦でスリランカへ行ってました。

 

私が信用あるJapaneseということで、私も日本代表として来ている思いで行動してましたが、まさか私と一つしか年齢が離れてないhost brotherを残してほんとに行くとはおもわなかったです。

スポンサード リンク