アフタヌーンティーは幻

Afternoon Teaへの期待

私だけでしょうか。。
イギリスといえばAfternoon Teaに期待してしまうのは。

 

せっかく本場に来たので、実際に味わえるのではないかと期待していましたが、なにせhost familyは全員働いているので、cookiesなんて作っている暇はありませんでした。

 

あえなく私の期待は幻に終わりました。

 

しかし、せめて本場の美味しいteaのつくりかたを伝授してもらおうと、host motherがWould you like tea?と聞いてきた時は、Yes!!とはりきって返事をし、作り方を見逃さないように見ていました。

 

すると、普通にcup boardから私達が一般に使っているtea bagsを取り出して、ただhot waterを入れるだけのスタイルにおもわず唖然でした・・・

 

話によると田舎やrich familyがafternoon teaをやるみたいで、今では家庭でやっている家は数少なくなっているとのことです。

 

Londonに行けば味わえるものの、日本円にして4千円くらいもするものらしいです。
本場では三段にのったsweetsやsandwichesで、片手にはelegantなtea cup・・・

 

短大の時にspeechしたpinky fingerを立てて上品に飲むことを、本場で出来なくて残念でした。

 

格安Super Market

夢を捨てきれずに、親友と歩いていた私達は地域周辺も分かってきました。

 

学校付近で行ったことのないTESCOだったか?!格安super marketを発見!

 

TESCOは庶民派な値段で、その時、働いてる人向けに開発されたchopped vegetablesのbagなどがあり、便利だなあと感心しました。

 

冷凍食品も日本にはないようなメニューがあり、キッシュパイの冷凍などがありました。
もちろん日本では食べたことなかったですが、私の口には合った味でした。

 

食事

host motherは仕事から帰宅してから夕飯を作っていました。
普段はovenで温めるような食事でしたが美味しかったです。

 

週末で時間があるときには、vegetable soup=ポトフなど作ってくれました。
味はないのでhelp yourselfで自分でsalt&pepperで味付けして食べました。

 

今では私も母でありfull-time workなので、毎日は手作りしたいけど時間がないので冷凍食品なども取り入れますが、それと同じ感覚でしたね。

 

よく日本にいた時に聞く話で、イギリス料理はまずい!と耳にしますが、私は肉よりvege系だったので、まだマシに感じました。

 

また、イギリスと言えばFish&Chipsが有名で本場のを食べた時は美味しかったです。

スポンサード リンク