イギリスでの誕生日プレゼント

留学先で迎えた21歳のバースデイ

私はhome stayをしてる間に21歳を迎えました。

 

それをhost parentsは知っているので、その日は私の為にお祝いしてくれました。

 

birthday cakeの上には、お菓子のカギ型のプレートに21の数字と名前がチョコで書かれていました。

 

このカギには意味があって、イギリスでは21歳は、Key for success=成人式のような特別な意味がある大事な歳ということでした。

 

host motherがspecial giftを用意してくれてて、それは箱に入っている素敵なpearl necklaceでした。

 

host motherも21の時にお母さんからもらったから私にもって頂きました。
本当に娘のように接してくれた家族に感謝でした。

 

Raymon's invitation

私達の生徒のRaymondが、私に恋心的ものを抱きながら毎回lessonをしていたある日のこと。

 

私達も、もうじき帰国するので、
Please come over to my house for dinner.I'll make you spaghetti!
というお誘いを受けました。

 

host parentsに言ったらDon't go alone, take her with you.と、親友と行きなさいと当然ながら言いました。

 

Raymondが私に対して変な気を起こさせないために、アドバイスして心配してくれたのです。

 

dinner 当日

せっかく招かれたので、mannerとしてただ食べにいくだけではなく、こちらからもなにか差し入れ的なものを作って持っていこうと思いました。

 

私が好きなdessertのTrifleトライフル(ワインなどに浸したスポンジケーキに生クリームをつけた菓子)です。

 

host fatherがチョコ味が好きだったので、host motherが週1で作っていたので、私も好きで食べていたものです。

 

なので親友と二人で家で作ったところ、私が食べた味や形とは違ったものができあがりました。

 

ぐちゃっと汚らしくなってしまったので、みんなで腹痛になったら、大変なのでdump捨ててしまいました。

 

Raymondの家に行き、
We've tried to make Trifle once at home,
but it looked bad, so we couldn't bring anything .
と言うと
No,no,no you don't need to bring nothing!
I'm just very happy only if you are here!
と言ってました。

 

彼の職業が病院とかにいる患者や、心にキズを負った人達を催眠法で癒すhypnotist=催眠術師だったので、私達はjokingで、あとでお酒とか飲まされて、私達酔わされて催眠術をかけられないかな。。
とか言ってました。

 

after dinnerでは、その噂していたお酒が登場!
Want some wine?って聞かれて、親友とお互い顔を見合わせたドキッとしましたが、せっかくなので一杯だけ頂きました。

 

それも少しずつ飲んでいると、相手が先に酔ってきました。
すると、前妻との哀しい結婚生活を語り始めたのです。

 

私達が励ますようになり、何だか、
He's the one who needs the hyponotic cure.=催眠療法が必要なのは彼
のような展開になりました。

 

そして無事に私達は帰宅しました。
まぁ悪い人ではありません。

スポンサード リンク