仮定法過去形の使い方

仮定法過去形

次の文を英語で表現してみよう!

  1. もし行くとしたら、何時に家をでないといけないのですか?
  2. 今、もっとお金を持っていたら、ビールもう一本買えたんだけどな

難しい文になってきましたが一つずつ解明していきましょう!

 

(1)もし行くとしたら、何時に家をでないといけないのですか?

What time should I /do I have to leave home if I go?

 

ここではif 「もし〜ならば」を使い条件を言う時に便利です。
「もし(自分が)行くのならば」=if I goを語尾にもっていきます。

 

文頭に持って行く場合は、If I go (to the party)のようにgoの後ろに、行き先を加えたほうが相手にも意味が通じやすくなります。

 

次に疑問文の「何時に家をでないといけないのですか?」を作ります。始めに「何時に?」はWhat time-?ですので文頭にはWhat timeを置いてから、次に「自分は〜しないといけないのか?」を作ります。

 

「私はしないといけない。」はI have to do(動詞の現在形)
「私は〜すべきである。」はI should do(動詞の現在形)
で表現できます。

 

これを両方「〜しないといけないですか?」と疑問文にすると、
Do I have to -/Should I -になります。

 

ここでさっきのWhat timeを文頭につけてWhat time do I have to-/should I -.
「何時に〜しなければいけないの?」まで作れました。

 

ここでの主語はIなのでdoですが三人称単数の場合は、What time does he have to-になるので注意です。
ちなみに過去形はdidになります。

 

toの後(動詞の現在形)にはすべきことがきます。
ここでのすべきことは「家を出ること」⇒leave homeなので初めからつなげると、What time do I have to/should I leave home if I go.
になります!

 

(2)今、もっとお金を持っていたら、ビールもう一本買えたんだけどな

If I had more money now,I could buy another beer/one more beer.

 

ここでは仮定法過去のいう用法で、基本形はIf+主語+動詞の過去形、主語+助動詞の過去形(would/should/could/might)+動詞の原形です。

 

仮定法過去を学習しよう

 

この基本形に上の文を当てはめると、If+I+had(have持ってるの過去形)
次に「何を持っていればよかったのか?」⇒もっとお金をmore money⇒「今」⇒nowまでで、始めの「〜があれば。。」の文が出来ました。

 

次は「〜できたのに。。」の文で、基本形に当てはめると・・I+could(買うことができたと言いたいので、〜できるのcanの過去形couldを使います。)+「買うこと」buyがきて、次に「何を?」⇒「ビールもう一つ」⇒one more beer/another beer.と表現できます。

 

このような用法はとにかく何度も練習しないとなかなか実践で使いずらいので、
こういう文がテキストでも載っていたら確認しながらなれていきましょう!

スポンサード リンク