学校では分かりづらかった感嘆文

感嘆文で英作文

次の文を英語で表現してみよう。

  1. なんて彼はかっこいいの!
  2. 2年前、イギリスに行ったことがあります。

文は短いし、なんだか簡単そうと思っている方、もっと詳しく分析していきましょう!

 

(1)なんて彼はかっこいいの!

What a cool man he is!

 

ここでの注目は文頭のWhatで始まる感情を伝える感嘆文です。

 

感嘆文で英作文

 

作り方は⇒What+冠詞+形容詞+名詞+主語+動詞がきます。
この文ではWhat+a+cool+man+he+is!になります。

 

Whatの他にHowから始まる感嘆表現があります。
その作り方⇒How+形容詞・副詞+主語+動詞になります。

 

そしてWhatやHowでの感嘆文の作り方にある主語+動詞は会話では削除できます。

 

例えば、

  • 「今日は暑いね!」=How hot (it is)today!
  • 「なんてきれいな花なんだろう!」=What a beautiful flower (it is)!
  • 「なんてひどい自動車事故だったんだろう!」=What a terrible car accident (it was)!

さらに、
What a cool man he is!をHowで始まる感嘆文にすると=How cool (he is)!で表現できます。

 

(2)2年前、イギリスに行ったことがあります。

I've(I have)been to England for 2 years ago.

 

ここでの注目は時制です。
今回はこの時制は初めて習います。

 

「かつて、〜したことがある。」という経験をhave+過去分詞で表現できます。

 

この「〜にいったことがあります。」と表現したい時は、まるごとI have been to -(場所)で覚えましょう。

 

ever(かつて)と入れたい場合は、I have ever been to-「一度もいったことがない。」と言いたいときには、I have never been to-.とneverをつけて表現できます。

 

主語が三人称単数であればhave⇒has been toにかえます。
だいたい会話ではI have beenをI've beenとhaveを短縮しますので慣れておきましょう。

 

二年前はfor two years agoで表現でき、twoを違う数字にすれば「〜年前に」と表現できます。
他に「私はその映画を前にみたことあります。」=I've seen the movie before.

 

ここではhave+見る(see)の過去分詞のseen(過去形はsaw)が注目で、前にbeforeを最後にもってきて完成です。

 

ちなみに相手に「ハワイにかつて行ったことありますか?」と言いたい時は=Have you ever been to Hawaii ?とHave+主語+過去分詞になります。

 

この主語が三人称単数の場合は先ほども言いましたが、HaveをHasにしてください。

 

ところでこの現在完了形have+過去分詞は、上の「〜したことがある」という経験の他に、「これまでずっと〜している。」という現在までの継続している行為や、「すでに〜した」という完了の用法もありますので、ここでは頭の片隅に置いておいてください。

スポンサード リンク