覚えづらい前置詞

前置詞の応用編

次の文を英語で表現してみよう!

  1. 夕飯があるので6時までにはもどってきてください。
  2. 私はいつもオフィスを出る前に明かりを消す。
  3. その映画は15分後に始まります。
  4. 明日まで私の車使っていいよ。

どうでしょうか?頭の中で状況をイメージしてるでしょうか?
一緒に解いてみましょう!

 

(1)夕飯があるので6時までにはもどってきてください。

Please come back home for dinner by 6(o'clock).

 

他にPlease return home-でも、Please be back-でも通じます。

 

6時「までに」を表す前置詞

 

ここでは「〜までに=by」を使います。
この前習ったby=〜のそばにではなく、ここでのbyは動作や行為が完了する期限「〜までに〜する。」という意味で使います。

 

  • はじめに「家に戻ってきてください」⇒Please come back home
  • 次に「何のために?」=夕飯があるから⇒for dinner
  • 「何時までに?」=6時までに⇒by six.

になります。

 

(2)私はいつもオフィスを出る前に明かりを消す。

I always turn off the lights before leaving the office.

 

ここではturn off/on(〜を消す・つける)とbefore(〜の前に)です。

 

まずturn off/onはturn the lights off/onのように、真中に消す・つける物を置いて表現もできます。

 

beforeの後ろは-ingで表現します。
始めに私は=I、
「いつも明かりを消します。」=always turn off the lights
「officeを出る前に」⇒before leaving the office
と表現できます。

 

ちなみに「〜の後」はafterです。
Let's go to Onsen(hot spring)after work!=仕事終ってから温泉行こう!
と表現できます。

 

(3)その映画は15分後に始まります。

The movie starts in 15 minutes.

 

ここでは「15分後」=in 15 minutesに注目です。

 

in〜は「〜の中に」以外に「〜に」という意味もあり、ある時間帯・月・季節・年(in 2007/in July)や時間の経過を表すこともあります。

 

このstartsの-sはmovieがitに置き換えられるので三人称単数が主語で-sで表現します。

 

(4)明日まで私の車使っていいよ。

You can use my car till tomorrow.

 

ここでは、明日まで=til tomorrow
til「〜まで〜する)の意味で動作・行為が継続する期限を表します。

 

canは「〜することができる」との意味なのであなたは使うことができる=つかっていいよという意味になります。

 

まだまだ前置詞はあるのですが、英文をたくさん読みこなしながら感覚で覚えていってください!

スポンサード リンク