音読の効果

音読を利用したリスニング上達法

Listening上達の為には英語のシャワーを耳が英語に慣れるまで、できるだけ聞きつづけることです。
もちろんNative speakerのnatural speedで話した英語が良いです。

 

他にも上達法に密接な関係のある「音読」というものがあります。

 

ラジオ英会話のテキスト本で受講した後、せっかくレッスンCD・テープがあるので、始めは自分で習った部分の「daialogue=ダイアログ=対話」を声に出して数回音読してみましょう。

 

音読のポイント

まず音読をして自分が英語を発した時の声を、自分で認識することです。
これが、自分が本場の英語を耳にした時に感じるgapを埋めるための大事なstartとなるのです。

 

英語の音読

 

なぜなら自分が発した英語の音が、ネイテイブの英語と違っていたら、まず一度では相手は聞き取ってくれないし、自分も相手の英語を聞き取れないでしょう。

 

なので声を出して自分の英語の音を認識してから、答えとなるCD/テープ等で、どのようにネイテイブが発音しているのか比べてみてください。

 

できれば自分の音読したテープを録音して聞き比べると、自分の弱点が一度にわかり、今後の音読に役に立つことでしょう。

 

Listeningと発音は類似している

耳から聞こえるNative speakerの音と自分が感じている音が違っていれば、それは聞き取れたことにはなりません。

 

何度もお手本となる発音を聞く中で、自分の発音に違いがあれば、その発音を徹底的に手本となる発音の音に近くなるまで声に出して発する練習をしてください。

 

その練習を習慣付ければ必ず今まで聞こえなかった音も、自然と耳から同じ発音で入ってくるはずです。

 

途中挫折しようと思った時はこう考えてください。
初めは英語を聞き取れなくて当たり前なのが日本人ですから、「聞こえなくて当然」だとある意味、開き直ってください。

 

でも、一つだけ確実に言える事は、
Don't postpone something you can do today.(ドンt ポストポゥン サムthing ユー キャン ドゥ トゥデイ)
(今日できることを先延ばしにしてはいけない)

 

これは英語学習に関わらず、どんなことでも言えることだとおもいます。
たくさん難しいなあと思うことがあるとおもいますが、学習している道の先に、今の自分よりももっと素敵な自分が必ずいるということを想像し、自分を励ましていってください。

 

開き直ることは諦めることではなく、モチベーション管理の為に必要なことなのです。

スポンサード リンク