日本の英文法中心の学習では話せません

詰め込み型英文法よさようなら

日本では、中学・高校と6年間のほとんどを、試験・受験用のGrammar=文法を中心に勉強します。

 

試験のために英単語も文法も頭に詰め込み、試験が終れば全部忘れてしまい、また次の試験のために新しい単語・文法を学習します。

 

ずっと脳に入れるスペースを空けては捨ての繰り返しでやってきたとおもいます。

 

英文法の勉強は意味あるの?

 

しかし、いざ社会人になってから英語の必要性が出てきたときに、あなたはどれくらい自分のことを英語で表現して相手に伝えられるでしょうか?

 

英語で自分の気持ちを伝えられますか?

学生時代、主に文法を中心に頭に詰め込んできたけれど、イザという時には習った英文法でさえも、すぐには思い浮かんできません。

 

簡単な挨拶である、
Hello, My name is 〜. Nice to meet you.
まで出てきても、 
I live in〜. I have two brother and one sister.
I'm one and only child.
My hobbies are listening to pop music, reading comic books〜. etc.
この程度の文章さえも会話できない方が大半でしょう。

 

文法だけの英語学習では、英語は話せるようにはならないのです。
ですが、英文法が不要というわけではありません。

 

私の中学時代のFan Letterの時のように、単語を並べてみても基本的な文法が間違っていれば、相手には本来伝えたい気持ちも伝えられません。

 

なので基礎であり、よく使われるような簡単な文法やフレーズについてはマスターしておく必要があります。

 

英語を始める前の心構え

学習する前に少し、心構えをしてほしいことがあります。
まず、気持ちをrelaxしてください。

 

試験で必要だからやらなきゃいけないんだ!と目を血走りながら、何かに追われながら学習している人が周囲にいませんか?

 

気持ちは分かりますが、できれば面白く、楽しく覚えていきましょうよ!

 

根詰めて一気にやって、試験終って点数だけに繋がればそれでいい!って、思う人も中にはいるかもしれませんが、せっかくいい点数とっても英会話はできないのです。

 

いざ英語を話す機会が突然到来しても、「えーと、、えーと。。」ばかりで、外国人から道を案内してほしいと頼まれても、答えられなかった時の自分ってどんな気持ちになるでしょう?

 

せっかくですから、点数も高得点狙いながら、実際身につくように気軽に文法=フレーズを覚えていきましょう!

スポンサード リンク