進行形のおさらい

現在進行形と過去進行形

ここでも新しいけれど、学生時代に習った文法のおさらいをしていきましょう!
次の日本文を英訳してください。

英語の現在進行形

  1. 電車の切符を無くしたので、(それを)探してるんです
  2. あなたはあそこで、友達と何をしていたんですか?

徐々にレベルがupしてきた質問ですが、始めはI don't know!っていえるだけ凄いですから、まずは検証していきましょう!

 

電車の切符を無くしたので、(それを)探してるんです

I lost my train ticket. So, I'm (am)looking for it.

 

では検証していきます。
まず文が長くなるともう分からない!と焦りがちですが、二つの文に分けます。

 

  • 始めは、誰が?=I(私が)
  • 無くした=lost(lose=なくすの不規則変化動詞)
  • 何を?=自分の電車の切符=my train ticket

になります。

 

次にこの文と文をつないでいる「〜なので」の表現としては、間にSoを入れることで表現できます。

 

最後がこの文の大注目ポイント!
今までにやったも時制がとは違い現在、進行しているときに使う表現があります。

 

主語の後、be動詞の現在形+一般動詞のing形です。

 

例えば。。
私はランチを食べています。⇒I'm eating lunch.
ここでは主語のIのbe動詞はamで、「食べる」eatの一般動詞にingをつけてeatingにします。

 

他の主語の例としては、主語があなた=you/they/weの場合はbe動詞のareで、あなたはテレビを見ています=You are watching on TV.

 

He、She主語のbe動詞isの現在進行形は、彼・彼女は、英語の勉強中です=He/She is studying English now.

 

また、現在進行形の疑問文、否定文の作り方は、それぞれのbe動詞を文頭に置きます。

 

疑問文

Are you/they/we/〜-ing?
Yes,I am/they are/we are.
No,I'm not/they are not(aren't)/we are not(aren't).

 

Is she/he/it/〜-ing?
Yes,she is/he is/it is
No,she's /he's/it's not(isn't),

 

否定形

You/they/we are not〜-ing.
She/he/it/is not 〜-ing.

 

そして、この「探してる」表現にidiom=熟語「look for」がありますのでそれをそのまま覚えましょう。

 

何を探しているのか?=自分の電車の切符ですが、前の文で詳しくmy train ticketと説明しているので、何度も同じ単語を使用せずにitと言い方を変えることができます。

 

あなたはあそこで、友達と何をしていたんですか?

What were you doing with your friend(s) over there?

 

ここでの第一の注目は、Whatではじまる疑問文。
普通の「あなたは何をしているの?」ではWhat are you doing?というお決まり文句をそのまま覚えているとすぐ発することができます。

 

では本題に戻りますが、上の質問文の時制は「何をしていたんですか?」なので過去に進行中だった行為、事柄について言う時の過去進行形の文になります。

 

なのでまずare youのareを過去にするとwereになります。
そしてついでにisの過去形はwasです。

 

これで「何をしていたんですか?」=What were you doing?ができました。
それから「(あなたの)友達と」の表現はwith(your) friend(s)となります。

 

語尾の(s)は友達が2人以上いたらの表現で使います。
最後に「あそこ」はover thereです。

スポンサード リンク