フォーマルなMay I

〜していいですか?とフォーマルに許可を求める

次の文を自分ならどんなふうに英語で表現するでしょうか?

  1. その机の上にある鉛筆使ってもいいですか?
  2. A:僕は色んな種類の切手を集めてるんだ。B:ほんと?見てもいい?

どうだったでしょうか?一緒に解明していきましょう!

 

(1)その机の上にある鉛筆使ってもいいですか?

May I (Can I )use the pencil on the desk?

 

ここでの注目は「〜を〜していいですか?」と、相手に許可をもとめるときの表現です。

 

許可を求める英作文

 

許可をもとめる表現にもいくつかあり、一般的なのはCan I(キャナイ)-?で、親しい間柄でよく使われます。
May I(メアイ)−?ですが、ややフォーマルな感じですが、意味は同じなのでどちらとも覚えてしまおう!

 

  • 始めに「誰が許可を求めてるのか?」=自分が⇒May I-?
  • 「何を許可してほしいのか?」=その鉛筆を使いたい⇒May I use the pencil?
  • 「どこにある鉛筆か?」=その机のうえにある⇒May I use the pencil on the desk?

となる。

 

ちなみにMay I-?では主語はIだけで、Can I-?の場合は主語がI以外にCan he/she/itでも使える。

 

そして「〜を〜していいですか?」と聞かれてO.Kならば、Sure,go ahead(シュア(r)ゴーアヘッ)といえば、「もちろん、どうぞ。」と意味にもなります。
NoであればSorry,it's not mine.(ごめんなさい、それ、私のじゃないから。。)など表現できます。

 

(2)A:僕は色んな種類の切手を集めてるんだ。B:ほんと?見てもいい?

A: I collect many kinds of(various kinds of) stamps.
B: Really? May I (Can I) see them?

 

ここでの注目は許可表現は(1)で学んだのでO.Kですが、ここでは語彙に注目!
まずAの文を作る時に、

  • 「誰が」=自分が⇒I
  • 「何を集めている」=切手を⇒I collect stamps.
  • 「どんな切手?」=色んな種類の切手⇒I collect many kinds(various kinds) of stamps.

になります。

 

色んな種類=many kinds of- or various(ヴェアリ(ri)ァス)kinds of-と表現できます。

 

そしてBでは「ほんと?」=Really?リ(ri)アリ(li)ー?と発音します。
(1)で習ったCan I -/May I see(見る)them?ということが出来ますが。

 

このthemですが、もう二人はthemを指すのが彼が集めているstampsということが分かっているので、わざわざstampsといわなくても複数なのでthemと表現できます。
単数を指しているのであれば、itになります。

 

こういう言い回しを会話の中でも本でもよく使われているので、それが何を指しているのか?
会話や物語の流れに注目しながら確かめていきましょう!

 

試験であればthemは何をさしているか、単語を抜き出てくることもあります。

スポンサード リンク