すぐに英語に興味を持ったわけではありません

英語初体験のその後

ガールスカウトでの英語初体験を小学生で味わいながら、その後すぐに「英語の本でも!」と両親にせがんで買ってもらうような理想的な展開にはなりませんでした。

 

その当時は外国人や外国よりもジャニーズの少年隊にはまっていました。

 

少年隊

 

少年隊の大ヒットした仮面舞踏会のopening歌詞「トゥナイ ヤイヤヤヤヤ ティア!×2♪」と、実際どんな単語を言っているのかなんてお構いなく、真似して歌ったり踊ったりしていました。

 

今どきの音楽シーン

歌詞の中に、そのつど出てくる英語も彼ら少年隊の発音が全てだとおもっていたので、本来の発音なら
「Light up your fire!=ライ アッピュオー ファイアー」
と言えば、少しは英語らしく聞こえるのですが、そんな工夫もなしに「ライト アップ ユア フアイヤー」って、そのままの単語を日本語読みして歌っていました。

 

今ふっと思いますが英語が日本に普及し、小さい子達までも英会話教室に通う今、歌手の方々も英語歌詞の発音には注意しながら練習しているのでしょうか?

 

実際、最近は聞いていても発音に違和感がない歌手の方が増えて喜ばしいです。

 

私が凄いなあって驚きながら聞いているのが「m-flo」です。
曲調もpop、R&B系で好きなアーティスト!

 

m-flo

 

彼等のRapは始めて聞いた時に、絶対アメリカ人だと思ったほどの素晴らしさでした。
実際アメリカの大学を出てるとか。

 

さすが本場は違うね!と感心しながらも、CD買わずにSHOPで視聴してノッテます♪
是非みなさんも聞いたことない方で英語に興味あるかたは一度視聴してみてください!

 

簡単抜き打ち発音チェック!

昔から私達は外来語というものを自然と耳から覚え、それが本当の発音だと思ってきました。

 

なので英語を本格的に学び始めると、いざ外国人との会話中に「これって英語?和製英語?!」って迷う時がありますよね。

 

TVはテレビと、そのままネイテイブに言っても始めは通じないでしょう。
ティーヴィーなら通じます。

 

トマトは上から読んでも下から読んでもトマトだろう!と根拠なくそうおもっている方いませんか?
ト マー トーと英語風にアレンジしても、一発では通じませんよね。
トメイトーなら通じます。

 

英語圏の方にWhat’s this?と指差さした物がホチキスだったらどう応えますか?

 

「ホッチ・キス?」といくら英語調に言ってみても、「Kiss」だけ強調して相手は聞いてしまうので、私がそう言ってしまった時には、疑いの目でこっちを見る人もいました。

 

発音は日本人が英語を学ぶ時には苦労しますよね。
そういった心構えを最初から持っておくことが挫折を避ける為にも必要なのかもしれません。

 

ちなみにホッチキスの英語は、本当は全く発音も言葉も違う
Stapler = ステイプルァー
です。いかがでしたか?

スポンサード リンク